flowing6/14-7/30 vol.2 -to me-

近況の報告です。

 

溜まりに溜まった絵の記録。

自分以外の何かへ向けて描いたものと、自分へ向いて描いた何か。

 

つぎに、自分へ向いて描いた何かを。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170801221852j:plain

「flowing_170725」

 

 

f:id:ugkingyo:20170801221924j:plain

「limit_170725」

 

 

f:id:ugkingyo:20170801221902j:plain

「girl_170725」

 

 

帰国後しばらくは何を描いたらよいのかわからず、

もしかしたらもう描けないのかもと思ったりもして、

でもまた戻ってくるといういつものサイクル。

 

 

手の動くままにまかせた大型の3枚です。

 

これからどんどん大きい絵を描きたい。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170801221455j:plain

「Melting cheese_170716」

 

タイトルはなんとなく。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170801221955j:plain

「flowing_170726」

 

f:id:ugkingyo:20170801222016j:plain

「flowing_170728」

 

 

自分では予期していなかったような絵が出てきました。

この2枚はなぜかすごく惹かれる。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170801222051j:plain

「flowing_170730」

 

 

いつも以上に何も考えずに描いた。

水遊びのような。

 

 

 

 

 

私は絵を描きたいときにしか描けません。

感情が伴っていないときは形にすらならない。

 

 

それを知ってか知らずか、私に絵を依頼してくださる方は、

いつでもいいよ、なんでもいいよ、

とすべて任せてくれます。

 

粋だよね。かっこいい。

 

 

 

依頼ではなく既にあるものを気に入ってくれる場合も、

それは私自身の感情が激しく動いた時に描いた絵であることがほとんど。

 

 

 

 

だからこそ絵を描いて発信する喜びがあるし、

私自身のダイレクトな表現をダイレクトに受け取ってくださる方々を信じています。

どういう意味での「信じる」かはわからないけれど、とにかく信じてる。

最高にかっこいいと感じる。

 

 

絵を通して何かを通わすことができるのが、とても面白いし嬉しいです。

 

 

いつもありがとうございます。

伝えたいことはいつもそれだけ。

 

 

 

PICA

保存