flowing5/29-6/4 -awesome encounters-

今日の東京は激しい夕立ちで、すぐ近くに雷がいくつも落ちました。

 

ものすごい閃光ののち、何かとてつもなく大きな柱が空から落ちてきたような音と衝撃。地面が揺れました。ここまでの雷は初めてでした。

 

 

 

ここ最近は英語の習得に明け暮れる日々です。

言語交換サイトで知り合った友達はいろいろな国の人がいて、やりとりが楽しい。

 

東京に住んでいる人もいたりして、これから会うのが楽しみです。

アーティストやデザイナーの人も多く、感覚が合います。

また、私のパリ滞在中にベルリンへ招待してくれるという人もいます。

 

 

驚くべきはロシアの10代の女の子。

日本のアニメに夢中で、自分たちでもストーリーを作っているそうですが、そのストーリーの舞台に選んだ街が私の住んでいる街のすぐ近くでした。

写真を撮って送ることを約束しました。

 

「ヤクザ見た事ある?!」という彼女の質問には思わず笑ってしまいましたが、ウ〜ム、すれ違った事はきっとあるだろう…表面上は気づかなかっただけで。

 

 

 

多種多様な人との出会いの素晴らしさと、彼らとの交流によって広がっていく自分の視野や感覚を楽しんでいます。

 

 

先週のPICArtをご紹介します。

 

 

f:id:ugkingyo:20170605212709j:plain

「a pinhole of inner world_170530」

 

内面でうずまくものはまだほんの少しも表現できていない。

心に空いた小さなピンホールからも内面世界は漏れだそうとする。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170605213053j:plain

「a fish in my right eye_170531」

 

 

水曜日あたりから右目が内出血して真っ赤になっています。

 

白の中の赤はいっそう鮮やかで、赤の広がりを見ようと眼球を観察すると、そこが球体であることがよくわかりました。まるで金魚が中にいる水槽のようでした。

 

 

金魚は水槽の大きさに合わせて成長するそうです。

 

こんな小さなところにいないで、もっと広いところへお行きよ。

 

 

…まるで自分に言っているようでした。自分が制限をかけているものに対して。

もうすぐ出血はひくでしょう。おそらく今週の満月あたりに。

金魚はまんまる月を待っているのかな。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170605213712j:plain

「I hope your good luck_170602」

 

 

先日、電車の中で話しかけてきたスリランカ人と友達になったのですが、身の上話を聞いてみると、なかなかの苦労人でした。

 

 

ビザの更新をするんだと言っていたので、しかもそれがなかなか容易ではないということを言っていたので、この絵を描いて送りました。

 

 

日本語も英語も満足にできずにほぼ一人きりで日本で暮らすのは大変なことでしょう。ビザは無事に更新できたそうで良かったです。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170605214154j:plain

「Call me sugar_170604」

 

愛しい人のことを「sugar」と呼ぶのだそうです。

私も愛しい人につねにそう呼ばれる存在でありたい。

 

 

 

 

 

最後に、週の一番最初に描いた絵を。

 

 

f:id:ugkingyo:20170605214601j:plain

「Hello again my hand_170529」

 

 

少し思うところがあり、意図的に一週間絵を描かずにいました。

一週間ぶりに描いた絵です。

 

 

久しぶりで手が戸惑っているのがわかりました。

少しおかしな絵になってしまったけれど、なにはともあれ絵が描けるというのは私の喜びです。

 

 

 

 

PICA

 

保存

保存