今週のPICArt -煙に巻かれた感情-

 

ボンジュー、PICAです。

 

煙に巻かれているような、実感のない日々を過ごしています。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326212743j:plain

「a little gray_170326」

 

 

 

今週はとてもたくさんのことがあって、目まぐるしい感情に対して

時間はとても穏やかに静かに過ぎていきました。

 

 

いまもまだ夢の中にいるようで、だれかと言葉をかわすたびに自分がいまどこにいるのかを、確認しているかのようです。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326213441j:plain

「spring rain_170321」

 

雨音で目がさめるような、とても幸せな朝。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326213220j:plain

「a fish_170324」

 

 

水槽の音とマスターがお湯を沸かす音しかしないようなとても静かな喫茶店で、

水槽の魚を眺めていました。

 

 

隅の方でじっとして動かない魚がいて、

なんでだろう、この魚は何を見ているのかな、と考えていたら、

翌日に上のような絵がでてきて、

 

 

どこかで見覚えがあると思ったら、その魚を思い出しました。

 

 

f:id:ugkingyo:20170326214108j:plain

「a fish_170324」

 

 

 

自分の本当の願いに気づいた途端、現実は急速に姿を変えて

それまで見ていた現実を、存在していなかったかのように煙に巻いてしまいます。

 

それはもう、残酷なまでに。

 

 

 

誰にとって、残酷?

 

 

それは主に、過去の自分自身にとってなのかな。

 

 

過去の自分は感情を消し去ることができず元の軌道をしばらく動き続けて

新しい自分と合流するまでにすこし時間がある。

 

 

でも二人は時間の軸でつながっているから、思い描いた現実にやがてたどり着ける。

その時の感情を二人のものとして。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326215228j:plain

「pink&blue_170326」

 

 

 

私はいまとても自由で幸せだ。そしてとても驚いています。

 

 

 

 

PICA

保存

保存