読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のPICArt -爪先立ちの時間軸-

 

ボンジュー、PICAです。

 

成長期のような、軋む感じとけだるい収縮感があります。

脱力して生きているようで、力みまくっています。

 

 

一週間なにをしていたのか、いつもながら記憶がさだかではありません。

ただ、こうして一週間ごとにその週に描いた絵を振り返ると、

描いた時の出来事や感情を、詳細まで克明に思い出します。

 

それが題名付きであれば、さらにバツグンに「あの時」に飛ばしてくれます。

 

 

言語の浸透力のすごさに驚くとともに、絵は自分と自分以外だけでなく、

あの時の自分とこの時の自分との媒介にもなるのだと思いました。

 

絵は記憶装置。外付けハードディスクのようです。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170305221845j:plain

『flowing_170227』

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170305222027j:plain

『you ( Tell your LOVE now ) 』

 

 

10年以上前に観て以来、ずっと心に残り続けているドラマ「漂流教室」をみました。

これだけの時を経てもやはり私の中で一番のドラマでした。

大人になってから見ると感情移入するところも変わるし、受け取るものも変わる。

流す涙には現実感を増す。

 

 

愛している人には、愛していると伝えましょう。

同じ今を共有する者として。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170305223332j:plain

『the main cat』

 

主要人物はネコです。

先週のライブ配信で「動物も描いてみてほしい」というお言葉をいただいたので、

私の好きなネコならば情熱もって描けるかなと思い、描いてみました。

結果、他の部分は失敗してほぼネコの肖像画のようになりました。

(半分以上トリミング)

 

 

むかし実家にいたネコが、とても整った顔立ちをしていたもので、

ただじーっと座ってなんとも言えない表情をしていると、「何を哲学しているんだろう?」とよく見惚れていたものですが、

その大半が「ごはん」のことであるということは、私も哲学して分かったことでした。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170305223136j:plain

『feel lost』

 

いろいろと困惑していました。

葛藤のさなかに描いた絵。

 

 

 

いつもながら「春」って、不必要にエネルギーが漏れていく気がします。

わけわからんものがあっちゃこっちゃにある。

春はカオス。生物大合唱。

 

 

 

目黒川の桜は蕾だらけになってました。

あれら咲いたらたいへんな騒ぎだぞ!

 

 

 

PICA

保存