読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めちゃめちゃこわいけど

 

ボンジュー、PICAです。

 

虚無感と困惑ののち、大事なことを考えています。

 

 

f:id:ugkingyo:20170302132419j:plain

 

 

 

 

将来のことや、一ヶ月先のことすら

考え出したらきりがなくて、足がすくむ思いで

目の前のことに集中することができず、外堀を埋めたくなります。

 

 

目の前のことに集中するというのは、自分を信じるということと似ていて

外堀を埋めるというのは、負けたときの自分を隠す城壁のようだ。

 

 

 

でも

こんな雨の寒い日にでも、部屋にはヒーターがあるし

あたたかいシャワーもあるし

 

 

実家には私の居場所があるし

大切に想ってくれる家族がいるし

食べるものもあるし

 

 

このアパートには私の大好きな景色と眩しいくらい光が入る作業部屋もあるし

インターネットもあるし

心を動かされるアートもあるし

 

 

まっしろなキャンバスも画用紙もまだたくさんあるし

えんぴつも消しゴムも、きれいな色の絵の具もあるし

 

 

手もあるし目もみえてるし

安心して感じることができる

 

 

 

寄り添ってくれる人もいるし

いろんな人に応援してもらって

こんな私を信用してくれる人もいる

 

 

 

 

なにが不満足なんだい

なにが足枷なんだい

 

 

 

 

いま死んじゃってもいいやと思うくらいのこの上ない幸福感は

時間がたてば消えてしまって

 

「あぁ、また消えてしまった」

それをまた体感することが怖かったり

とにかく誰かや何かを信じることが怖くて

自分を信じることが一番怖いのかも

 

 

 

もしかしたら、この上ない幸福感とかジョイを感じて

それでいいやと「満足」したら

魂の目的果たして昇天しちゃうのかな?

 

 

だからまた元の場所に戻ってくるんだ

あえて不満足の精神つくって幸せ探しの場所に戻ってくる

(とってもお茶目だけど)

 

 

でもそれと同じように、この上ない幸福感とかジョイのあった場所にだって、

いつでも戻れるんだ、きっと。一度地図を作ることができたから。

だからまた遊びに行けるんだ。

 

今度は別のルートから行ってみようかなとかってのもありだし、

そうすると地図がどんどん豊かに賑やかになって、充実してくる。

他の誰かも連れて行きたくなる。

幸福感とかジョイを一緒に感じたくなる。

 

 

 

 

 

自分の人生を決めるのは自分だし

あの時感じたことをなかったものにしてはいけない。

 

うれしかったこと かなしかったこと

幸せだと思ったこと こんなのいやだと思ったこと

変わりたいと思ったこと

 

 

あの時の自分をなかったことにしてはいけない。

どんどん自分を裏切って、いつまでも幸せから遠ざけているだけ

 

 

 

信じることはめちゃめちゃこわいけど、

もうあの時とは、自分もちがうし、相手もちがうし、状況もちがうし、

できることも経験したことも違うし、

自分がいるところも違うんだ。

 

 

 

 

 

めちゃめちゃこわいけど。

自分以外の人からみたらきっと、へっぽこぴーなことだよ。

 

 

 

 

PICA

 

保存

保存

保存

保存