今週のPICArt -新作-

 

ボンジュー、PICAです。

 

色の魔法にかかっています。

今週もアートにどっぷりの一週間でした。

 

 

まず今週はこのような絵でスタートしました。

 

 

f:id:ugkingyo:20170219231349j:plain

『A snowry school road』

雪が描きたくなって、赤も入れたくなって、気づくと制服を着ていました。

雪で転ぶかもしれないので、ヘルメットをしています。

制服ってエキセントリックですね。異世界からきたもののようです。

 

 

 

先週は自然とアンジェラシリーズになったから、今週もテーマを決めて制作しようかと思い、

デフォルメ強化週間と題したのですが、

 

週なかばにしてあえなく方向転換。

なぜならば、アクリル絵の具の色に魅せられてしまったから…です。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170217064743j:plain

『disco』

前回のブログでもご紹介しましたが、敬遠していたアクリル絵の具に目覚めることになった絵です。

 

 

 

発色が変われば描きたいものも、描く時の気分も変わる。

そして金曜日の夜に控えていたのは、ギャラリーの地下室にて行われるアート夜会

 

 

やはり試したくなったのは、いつも描いているような人の表情が

アクリルだとどのようになるのかというところでした。

 

 

f:id:ugkingyo:20170219232115j:plainf:id:ugkingyo:20170219232249j:plain

『flowing_170217』

 

「flowing」というのは、特に題名がない時に共通して付けています。

私のところに流れてきたものを描いて、また流すから、ある時を境にそう付けています。

 

これが木曜の夜にでてきたもの。

夜会にて「新作」を発表したいと思ったものの、「新作」の定義について迷宮入り。

 

アタマ痛くなって横になり、明け方目覚める。

いよいよ夜会の朝。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170219232815j:plain

『beat』

キャンバスが足りなくなったので、過去に描いた練習作をつぶして上に描く。

まだ新作についてはしっくりこない。

 

 

 

朝日を浴びながらシャワーを浴びて「新作」について考えた。

そうしたら少しだけわかったようなきがする。

 

 

 

「新作」つまり新しい視点で新しい表現で描く絵は、多い時は毎日でも取り組んでいるつもり。

でも私はまだまだ発達途上ゆえに、それはあくまでも自分的な新作にしかすぎなくて、

私が見たかったのは、世界的新作だったのかなと。

 

世界というのは、世界地図の世界ではなくて、なんていうか「この世」的新作。

 

私が生きて観たり感じたり考えてきた中の、現時点での、最高位にあるような。

それを新作として求めていたのかと。(生意気ね。そりゃ迷宮入りするわ!)

 

そう思うと途方もなく思えてきたのだけれど、それは自分的新作を表現し続けた先にしかないのだということもよく分かった。

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

夜会の模様はまた今度。

 

 

 

 

 

さて、溜まった仕事も片付いた。

明日から温泉にゆく。どうやら雪のようだよ。

まっしろしろにしてくる。

 

 

 

PICA

保存

保存

保存

保存