読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のPICArt -リアリティ-

 

ボンジュー、PICAです。

ずっと旅をしているような浮遊感とともに一週間が終わりました。

 

 

 

週の前半は和歌山の祖母の家で過ごし、豊かな自然の中でゆったりとした時間を満喫しました。

後半はなにかと慌ただしく過ぎていき、なんだか実体のないまま日々が過ぎてゆきます。

 

 

一日前のことですら、もうほとんど遠い過去のように感じてしまう日常の中で、確かに残っているのはその時感じた強い感情のみです。

ほかの些細なことはすべて忘れてしまいます。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170522005330j:plain

「If I was a flower, I can give the sweets for your eyes,nose,mouth and fingers...But I don't have any sweet words that satisfy you._170516」

 

 

 

もしも私が花だったら、あなたの目も鼻も口も指も楽しませてあげられるのに。

ももしそうだとしたら、私にはあなたを喜ばせられるような甘い言葉は使うことはできない。

 

 

 

花を愛する人が好きです。

美しい花になって愛しい人に会いに行きたいと思いました。

でも私が知る限り、花は話すことができないみたい。それもちょっと寂しいな。

 

 

ならばせめて、愛の表現を知らない私のために花に教えを請いたいと思いました。

 

花が音を発するとしたら、もしくはその色や形を音に変換するとしたら、どのように聴こえるのかな。

 

ということで、花が唄うのを聴いている絵です。

 

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170522011022j:plain

 

「flowing_170516」

 

 

心が混ざり合った瞬間の記憶。

 

 

 

 

この絵と上の絵を描いていたら祖母が見にきて

「きれいななぁ〜」と眺めてくれました。

 

 

祖母も花が好きです。いつも祖母の畑や庭には色とりどりの花が咲き乱れています。

愛情深く朗らかに人を楽しませる祖母もまた、花のようです。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170522011739j:plain

「flowing_170516」

 

 

 

二人の人物が描きたかった。恋人ではなく、双子のような感じですね。

 

 

 

 

 

 

金曜日に日暮里のギャラリーで行われるアート交流会を控えていたため、それに向けて何か大きいサイズの作品を描きたいなと思い、画材を買いに行きました。

戻ってきて描こうとしたけれど、何を描いたらよいのか分からなくなりました。

 

 

いつも人間の顔しか描かない私が、人間の顔を描こうとすると気持ちが悪くて描けなくなりました。

 

なんでだろう?理由はわかってる。

 

 

 

見え透いた嘘、どろどろの私利私欲と権益や権威性への執着、想像力の欠如、彼らは人の心を持っているのだろうか。と感じたからだ。

 

 

 

めちゃくちゃな状況の中で、私は何を表現すればよいのだろう?

もしかしたら、自由に表現することが抑圧される社会になるのかもしれない。

抑圧はいずれは表現というアウトプットだけではなく心の持ち方まで変えてしまうかもしれない。

 

 

そう思うと手が動かず、相当な時間、真っ白な紙に向かって描いたり消したりを繰り返していました。

 

 

f:id:ugkingyo:20170522011948j:plain

「flowing_170518」

 

 

無理やりに描いてみたけれど。

 

 

 

…人間の絵を描くのは断念して抽象画に移行。何かを残しておこうと考えました。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170522013341j:plain

「flowing_170518」

 

 

 

Instagramにアップしたところ、「横になっている頭みたいに見える」というコメントをつけてくれた方がいました。(私の英語解釈が正しければ…)

 

 

 

自分ではまったく意識していませんでしたが、言われてみると、そうとしか見えなくなった。

 

左の黒い部分が髪の毛、右半分には閉じた目と口。

 

 

人間の顔を描いているつもりじゃなくても、人間の顔が現れてしまうという。

私は自分で意識できうる意思以外のところでも、人間の顔を描くことをテーマとしているのかなと、ぼんやり感じたのでした。

 

 

 

 

 

その翌日のアート交流会では少し前の作品を展示させてもらい、簡単に紹介させてもらいました。そして、たくさんの表現者の先輩が居合わせたので、質問しました。

 

「今のめちゃくちゃな状況で、どのような心持ちですか?」

 

何をすべきか、どうあるべきか、どう感じているか、いろいろな意見を聞いてみたかった。楽しい席で、政治の話題を出すことは少し怖かったけれど。

 

 

 

私よりずっと表現歴も長く深い方々の言葉は、それぞれに心に残るものでした。

 

そのままその人の佇まいや表情に表れているから、嘘のないのが分かる。

なんだかそれだけで救われた気がしました。

 

 

 

今後どのような社会になったとしても、この人たちは表現し続けるし、意思を持ち続けるし、それは法律やなんかで動かせるものでは決してない。

 

 

しなやかにただ在るように表現し続けるその人たちのイメージが浮かびました。

軽やかに舞う感じがする。

 

質問してみてよかった。意見を聞く、交わすことから始まるものがある。

 

 

また、舞踊家の金さんが私に対してこう言ってくれました。

「絵を描けなかったというのもひとつのリアリティ」

 

 

そっか。私たちが表現するという行為は、リアリティ、今を形にするということなのだ。

自分というフィルターを通して。アーティストとして名を残す人はみんなそうだった。

 

 

リアリティ。深く心に突き刺さりました。

 

 

 

 

 

最後に、素敵な文章を見つけたので引用します。

 

音楽でも映画でも小説でも漫画でも絵画でも演劇でも詩歌でも漫才でも、ありとあらゆる文化や芸術は、人々の相互理解と連帯を促すものだ。

「声高に主張しても、違う考えを持っている人の心を開くことはできませんから。跳ね返ってくるだけで。固く閉じている心を開くのは、アートや音楽、映画や物語の強さだと思います。だから、こういうときこそ、より必要だと思います」

http://lite-ra.com/i/2017/05/post-3168-entry_4.html

 

 

本当にそう思う。アートは必要だ。

現に私もアートを通じてたくさんの人と繋がりをもつことができた。

アートによって喜びや豊かさを感じることができました。

 

 

 

無力ですが自分にできることをやっていきます。

 

おやすみなさい。素敵な夢を。

 

 

 

 

PICA

 

保存

今週のPICArt -a doll-

 

ボンジュー、PICAです。

心ここにあらず、しかしながら、感情を持て余しているさなかです。

 

 

一週間のグループ展が終了しました。

搬出はいつだって寂しい。

ほんの数時間前までのことなのに、もう遠い昔のことのようです。

 

 

 

下北沢はずっと穏やかで、道行く人はみんなのびのびとしていて、

風がそよそよと光がまぶしい毎日でした。

アートを楽しむためにきてくださった方々や、出展している作家さんたちとの空間は、居心地が良すぎました。

 

 

私はずっと、色に囲まれていたいのです。

 

 

主催・運営の方々や素晴らしい作家さんたちのおかげで、本当に良い展示会になりました。

後日レポートしたいと思います。

 

 

 

今週描いた絵は淡い色ばかりでした。

 

f:id:ugkingyo:20170508005102j:plain

「Dear my scenario writer_170503」

 

 

ここ最近は漠然としていた私の夢がいつのまにか表面化してきて、

もう叶えるしかない段階になっています。

 

人との出会いや、色々な方からのご支援を頂いて、態勢が整っていきます。

 

そのひとつひとつが予期せぬものでありながら寸分の狂いもなく予定調和に見えるため、私の人生のシナリオを書いている「存在」について意識せざるを得ませんでした。

 

 

「今日も素晴らしい一日をありがとうございます」と言って眠りにつくのが喜びです。

聞こえてますか?ライターさん!

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170508005952j:plain

「drawing in the doze_170505」

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170508010208j:plain

「drawing in the doze_170507」

 

 

まどろみドローイング。

早朝に寝ぼけ眼で絵を描くのが楽しいのです。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170508010334j:plain

「a doll (enclose me) _170507」

 

 

先ほど描きました。

楽しさのあと急速に訪れる寂しさを、どうにもすることができなくて。

 

 

 

 

 

 

展示会で眺めた人形を思い出して、色々な想いが巡りました。

歩けない人形、その部屋の中で愛されているという光景。

 

 

「触ってみていいですよ」と言われ、私はおそるおそる持たせてもらいました。

とても壊れやすそうで、でもものすごい存在感があって。

 

 

手から離れたときは、ほっとしたのと、引き離されたような違和感・寂しさがありました。

 

たった一瞬持っただけなのに、不思議ですね。

 

 

 

展示会が終わって帰ってきた私は、どこにも行きたくない気分でいました。

身体も思考も感情も、一度止まって欲しい。というような。

 

 

 

私は絵のことだけ考えていたいのだなということが分かりました。

実際そうなったら飽きてしまうかもしれないけれど。

 

 

自由と安息は共存することができるのかな?それもわからないけれど、

だから星は手の届かない存在でいてくれるのかな。

人間は「飛べない鳥」で丁度良いのかもしれません。

 

 

寂しさ・悲しさの中にあり続ける希望。

その共存が美しくもあり、また次に向かわせるのです。

そのような何かを、私はあの時あの人形に投影していたのかもしれません。

 

 

 

 

素敵な夢を。おやすみなさい。

 

 

 

PICA

 

 

 

保存

保存

今週のPICArt -搬入完了!-

 

ボンジュー、PICAです。

すでに東京は蒸し暑い日を迎えています。

 

 

明日から始まるグループ展の搬入を終えてきました。

 

まわりはベテランや実力派の作家さんばかりでドキドキします。

でも彼らはみな穏やかでやさしい方たちでした。

 

 

美しい作品ばかり。

確立した世界観ばかり。

 

 

一緒に展示させていただけて本当に光栄に思います。

 

私は、もっともっと自分の世界観を追求するのみ!

 

 

 

今週ももっと絵を描きたかったけれど、新年度準備やフランス行きの準備、その他もろもろのお仕事でばたばたしてしまいました。

 

 

 でもとても幸せです。

 

 

f:id:ugkingyo:20170430233702j:plain

「a gold fish_170425」

 

 

否応なく心惹かれる金魚。

私なりの擬人化です。

もっともっと色々描いてみたい。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170430233809j:plain

「flowing_170427」

 

近所の目黒川で惜しげも無く咲いているツツジ

マゼンタ、うすいピンク、赤、そして白…。

 

ものすごい鮮やかさで光を放っています。

 

ツツジの季節もあと少しで去ってしまう。その前にもっとお散歩しておきます。

 

 

 

グループ展「ROOM展」は明日から5/7まで下北沢にて開催されます。

明日はPICAは14~18時に在廊します。

あそびにいらしてください。

http://room.patinadoll.com/

 

 

 

PICA

保存

今週のPICArt -もののあはれ-

 

ボンジュー、PICAです。

仮眠をとったので目が冴えています。

 

 

ブログのタイトルを変更しました。

「地中金魚」というのは昔、私が劇団を作って一度だけ舞台公演を行った時に考えた名前です。

いまだに気に入っていて自身のウェブサイトのタイトルにもしています。

 

 

金魚に心惹かれるものがあるということと、マグマをイメージしています。

自分の中の火は絶やしたくない、という想いから。

そして「赤」は私のラッキーカラーでもあります。

 

 

金魚といえば、室生犀星の『蜜のあわれ』という小説がとても好きです。

 

 

 

ということで今、金魚をテーマにした絵を描いています。

絵の具が乾かず次の段階に進めないので、仕上がりは明日になりそうです。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170424015250j:plain

snowdrop_170418」

 

 

 

誰かのことを想って描くときの絵と、

自分の中の感情を掻き出すようにして描くときの絵と、

どちらでもないときの絵があります。

 

 

上の絵は、誰かのことを想って描いた絵。

そして下の絵は、どちらでもない絵です。

 

 

f:id:ugkingyo:20170424020331j:plain

「flowers&bees_170420」

 

 

 

 

 

「楽しくって楽しくって仕方ない!」という時には、不思議と描けません。

楽しい気分に浸っているだけで気付けば時が経ってしまっていたりします。

 

 

反対に、自分にとっても手応えがあって、他者も気に入ってくれるような絵が出てくるのは、自分の中に悲しさや寂しさがある時であったりします。

 

 

 

どこか欠乏しているところを絵で満たすような、そんな感じもあります。

だから絵を描いているときはこの上なく喜びを感じます。

 

 

 

いろいろな物語や作品の背景を見ていると、

「美しさ」にはどこか悲しみが付き添います。必要不可欠といっても良いくらい。

 

なぜなら悲しみの対極にあるものを、私たちはいつだって求めている。

その行為自体が「美しい」から、悲しみが美しく見えるのかもしれません。

 

 

 

 

さて、5月のグループ展の出展作品の選出も済みました。

5/1~5/7に下北沢のギャラリーにて展示をします。

ROOM展

私は5月1,6,7日に在廊してます。他の日でも都合が合えばご案内に伺います。

ぜひ遊びにいらしてください。

 

 

 

 

最近は朝早く目覚めて午後に仮眠して深夜まで起きていたりと、生活が不規則です。

ですが眠くなったら適度に眠るというのは、結果的には生産性もあがって合理的です。

 

私の場合しばしば仮眠が本眠になってしまうのが、困ったものですが…。

とりあえず、春のせいにしておこうかしら。

 

 

 

PICA

 

 

保存

今週のPICArt -散り散りピンク-

 

ボンジュー、PICAです。

気がつけば薄いピンク色だった景色は新緑に変わり始めています。

 

 

春の嵐のあとにかなり散った様子。

予定調和のように潔く去っていく桜の季節が好きです。

いつの間にか終わっていくのと同様、またいつの間にか始まりがくるのです。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170417014747j:plain

「It is because of full moon_170411」

 

 

満月がとても綺麗でした。大きくて明るくて。

心地よい夜風と音楽を聴きながらベランダで夜景を眺めるのが、

私のここ最近の楽しみです。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170417015040j:plain

「Take me to somewhere_170414」

 

 

この季節は窓からも桜の花びらが舞い込んできます。

あんなに景色を埋め尽くしていたピンク色が、ちりぢりになってどこかへ飛んでゆく。

 

どこへ行けるの?

私も連れて行って!

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170417015350j:plain

「a petal dancing in the wind_170414」

 

 

風に舞う花びらのように、かろやかに生きていたいと思いました。

 

 

 

 

 

今週も目まぐるしい一週間でした。まるで一ヶ月経ったかのように感じますが、一週間。不思議です。

 

 

相変わらず歩みの遅い私ですが、さんざん回り道をしたおかげで、きれいな景色をたくさん見つけたよ。

 

 

 

明日からまた新たな一週間が始まります。

 

 

 

 

PICA

今週のPICArt -stary night-

 

ボンジュー、PICAです。

曇りの日は時間の進みを掴めなくなります。

 

 

3月末から始まった私の身辺のめまぐるしい変化は、まだ続いています。

いや、きっと終わらせようと思えばいつでも終わらせられるし、

確かなものにしようと思えば、いくらでもやってみればいいだけのこと。

 

 

Are you sure?

常に聞かれている、試されている感覚があります。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170410002848j:plain

「a red poppy_170402」

 

 

自宅の近所を散歩していたら、赤いポピーにどうしようもなく目を奪われました。

「見て!見て!」と言っているようで。

 

 

その日の夜、この絵を描きました。

 

 

ポピーの花言葉を調べてみたら、色によって違う意味をもっているそうで。

「赤いポピー」は、感謝と慰めだそうです。

 

 

 

なるほど、私はその時とても寂しい気持ちでいました。

寂しいけれど、とても幸福でした。

 

 

赤いポピーの絵を描いたおかげで私は感謝を思い出し、幸せな気持ちで眠りにつくことができました。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170410004103j:plain

「Don't go away, my light._170406」

 

”いかないで、光よ”

 

 

これもまた偶然に出会った音楽がありまして、それは東京をテーマにした曲なのです。

東京は私の生まれ育った街で、歳を経るごとに好きになります。

 

 

私は東京で、ワクワクもドキドキも、どうしようもない悲しみも時には絶望も、そして愛も、感じてきました。

 

"いかないで、光よ"は、その曲の歌詞に出てくるフレーズです。

「cero」Contemporary Tokyo Cruise - YouTube


Wilder than southern island, city lights, city nights
Upside down, old bed town, swingin' swingin' Have you seen it ?!

Wilder than southern island, city lights, city nights
Upside down, old bed town, sail away, sail away

幽霊船に揺り揺られ揺られ
辿り着く波止場はどこでも
ララバイ 奇妙な歌声に誘われ
暗礁の中へ

Wilder than southern island, city lights, city nights
Upside down, old bed town, swingin' swingin' Have you seen it ?!

Wilder than southern island, city lights, city nights
Upside down, old bed town, sail away, sail away


水平線が目の前に迫る
景色は変わっていく
サーチライト 照らし出す闇には
あるはずない東京の摩天楼


いかないで、光よ わたしたちは ここにいます 巻き戻して


(う み な り か き け す)


いかないで、光よ…

 

 

 

東京は異様です。

 

さまざまな人たちの意識が溢れかえっていて、気を抜くとそのエネルギーに呑み込まれてしまいそうで、ゾクゾクする。

 

 

私はずっと光を恋しんでいたい。

あらゆる感情すべてが私の「光」です。

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170410005740j:plain

 「stary night_170408」

 

 

なんだかね、点と点が次々と線になってつながっていくのです。

私には「フランスで絵を描きたい!」という想いがずっとあって、

その夢が実現できそうな流れができています。

 

 

 

それもまた偶然に次ぐ偶然なのですが。

いろいろな方のご厚意を受けて…。

 

感謝してもしきれません。

 

 

 

私の夢に実現性を与えてくれた方達が言いました。

「すべてシナリオに書かれていたようだね」

 

 

 

だからこそ問われている。

Are you sure?

 

 

自分の夢に愛情はあるかい?って。

きちんと向き合う時がきたんだ。

 

 

 

この絵は、私のことを、私の夢を、いつも見守って応援してくれる方々を想って描きました。私の感謝と喜びと驚きと不思議さを表現したくて。

 

 

 

 

…そういえば、数日前に夜空の星に向かってお願いしたなぁ。

「私をフランスへ連れてってください」って。

 

 

 

 

「点」と「点」は夜空の星々か?

それらが繋がってひとつの線になる。はてさて、それはどんな星座になるのでしょう!

 

 

 

 

 

PICA

今週のPICArt -煙に巻かれた感情-

 

ボンジュー、PICAです。

 

煙に巻かれているような、実感のない日々を過ごしています。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326212743j:plain

「a little gray_170326」

 

 

 

今週はとてもたくさんのことがあって、目まぐるしい感情に対して

時間はとても穏やかに静かに過ぎていきました。

 

 

いまもまだ夢の中にいるようで、だれかと言葉をかわすたびに自分がいまどこにいるのかを、確認しているかのようです。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326213441j:plain

「spring rain_170321」

 

雨音で目がさめるような、とても幸せな朝。

 

 

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326213220j:plain

「a fish_170324」

 

 

水槽の音とマスターがお湯を沸かす音しかしないようなとても静かな喫茶店で、

水槽の魚を眺めていました。

 

 

隅の方でじっとして動かない魚がいて、

なんでだろう、この魚は何を見ているのかな、と考えていたら、

翌日に上のような絵がでてきて、

 

 

どこかで見覚えがあると思ったら、その魚を思い出しました。

 

 

f:id:ugkingyo:20170326214108j:plain

「a fish_170324」

 

 

 

自分の本当の願いに気づいた途端、現実は急速に姿を変えて

それまで見ていた現実を、存在していなかったかのように煙に巻いてしまいます。

 

それはもう、残酷なまでに。

 

 

 

誰にとって、残酷?

 

 

それは主に、過去の自分自身にとってなのかな。

 

 

過去の自分は感情を消し去ることができず元の軌道をしばらく動き続けて

新しい自分と合流するまでにすこし時間がある。

 

 

でも二人は時間の軸でつながっているから、思い描いた現実にやがてたどり着ける。

その時の感情を二人のものとして。

 

 

 

f:id:ugkingyo:20170326215228j:plain

「pink&blue_170326」

 

 

 

私はいまとても自由で幸せだ。そしてとても驚いています。

 

 

 

 

PICA

保存

保存